庭木選びに役立つ植物の5つの知識 - 植木剪定、造園、樹木伐採、草刈り、植栽管理 埼玉県熊谷市 埼玉植木屋本舗

  • 電話
  • メニュー
〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾1522-1
受付 24時間 土日祝も対応

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

投稿日:2024/01/31
庭木選びに役立つ植物の5つの知識

庭木のお手入れは、ある程度の基本的な植物の知識を知っておくことが大切です。

しっかりと植物の知識を身につけて庭の維持管理にぜひ役立たせましょう。

本記事は、植物の5つの知識を解説いたします!

【植物の知識① 樹木の高さについて】

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

樹木にもいろいろな高さがあるかと思います。

 

樹木の高さのことを「樹高(じゅこう)」といいます。

樹高は「高木(こうぼく)」「中木(ちゅうぼく)」「低木(ていぼく」の3つに分類され、高さは以下のように分けられています。

 

高木:3.5〜6.0m

中木:2.0〜3.5m

低木:1.5m前後〜それ以下のもの

 

樹高はあくまでも目安となりますが、フェンスや他の樹木に絡みつくつる性の樹木もあり、お手入れする上で将来的にどれくらいの高さまで伸びるのか把握しておくことが大切です。

剪定で樹高を低く仕立てることは可能ですが、樹形が乱れる原因となりますのでご注意ください。

【植物の知識② 樹形の種類】

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

樹木は様々な形があるのはご存知ですよね?

 

樹木の幹や枝、葉など樹木全体の形を「樹形」といいます。

樹形はいくつか種類があり、それを知っておくと植栽のイメージや樹形の仕立てに役立たせることができます。

樹形は人為的な影響や環境条件などを受けて、樹木本来の樹形になるものは多くありません。

樹木本来の樹形を「自然樹形」といいます。」

 

樹形は大別すると「整形」「不整形」に分けることができます。

「整形」は名前でもイメージがつくように幹や枝などが均整のとれている形になります。

「不整形」は幹や枝などの形が乱れ、均整のとれていない形になります。

ほとんどの樹木は整形になります。

以下に「整形」と不整形」の樹形をまとめました。

 

【整形】 「不整形」
・円錐形

・楕円形

・円蓋系(えんがいけい)

・傘形

・卵形(らんけい)

・杯形(さかずきがた)

・株立ち(かぶだち)

・不整形

・枝垂れ系(しだれけい)

・つる状形

 

【樹木の各部位の名称】

樹木を構成する部位には名称があります。

まず樹木の中心となる幹の部分が「主幹(しゅかん)」です。

そして枝葉が張っている輪郭部分を「樹冠(じゅかん)」

樹形をつくる重要な枝を「主枝(しゅし)」

「主枝」から出る枝を「即枝(そくし)」と呼びます。

専門的なことではありますが、樹木の部位にも名称があるということです。

【植物の知識③ 樹木のタイプ】

植物についてあまり詳しくない方も「広葉樹」や「針葉樹」のことは聞いたことがあるのではないでしょうか。

樹木には大別すると「広葉樹」「針葉樹」の2つのタイプがあります。

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

「広葉樹」は平らで広い葉を茂らせ、丸みを帯びる樹形が一般的です。

広葉樹にはマツやシラカバ、コブシなどがあります。

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

「針葉樹」は細く硬い葉が鱗状につき、傘形や円錐形など整った樹形になります。

針葉樹にはコウヤマキやクロマツ、ヒノキなどがあります。

 

庭木を計画する上で知っておきたいことが「常緑樹」と「落葉樹」の違いです。

一年中茂っている性質を持つ樹木を「常緑樹」

冬になると葉がすべて落ちる性質を持つ樹木が「落葉樹」です。

「常緑樹」と「落葉樹」の違いは、樹木に対する用途にとても影響しておりますので、しっかりとその特徴を押さえておきましょう。

 

「常緑樹」は新しい葉が出ると少しずつ古い葉を落としますが、冬でも葉が茂っているため目隠しとして利用できます。

「落葉樹」の場合は、冬に葉を落とすため、家の中に光を取り入れることができ、葉が出ている夏は木陰をつくることができます。

 

このように庭の環境を考慮して、用途に適う樹木のタイプを選ぶことが大切です。

【植物の知識④ 「一年草」と「多年草」の違い】

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

草花が育つ周期は「一年草(いちねんそう)」「多年草(たねんそう」に分かれます。

「一年草」はカラフルなものが多く、名前の通り一年以内に枯れてしまう植物のこと。

それに代わり「多年草」は数年にわたって生育する植物のことです。

【植物の知識⑤ 葉の形】

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

庭木の葉は、庭の彩りの基礎となるもの。

一般的に落葉樹の葉色が薄く、常緑樹は色が濃い傾向です。

そして庭の印象を決めるのは「葉の形」がポイントとなってきます。

広葉樹と針葉樹で葉の形が違うように、それぞれ呼び方も変わります。

広葉樹には一枚の葉身(ようしん)からなる「単葉」、小さな葉(小葉)がいくつも独立して分かれている「複葉(ふくよう)」があります。

針葉樹には、針のように細い形の「針葉(しんよう)」と鱗のように小さな葉がつく「鱗片葉(りんべんよう)」があります。

庭木は花よりも葉がついている時期のほうが長くなりますので、葉の形や色のことも考えて選ぶことがポイントです!

シンボルツリーって?シンボルツリーにおすすめの木は?

【まとめ】

庭木選びに役立つ植物の5つの知識

いかがでしたか?

本記事では植物の5つの知識をお伝えさせていただきました。

 

1 【植物の知識① 樹木の高さについて】
2 【植物の知識② 樹形の種類】
3 【植物の知識③ 樹木のタイプ】
4 【植物の知識④ 「一年草」と「多年草」の違い】
5 【植物の知識⑤ 葉の形】

 

植物に対する知識を把握しておくことで、理想の庭をつくる一助となりますので、ぜひポイントを押さえておいてくださいね。

庭木のことで気になることやご不明な点などがございましたら当店でもサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

 

“mu”

 

埼玉の造園工事・外構工事なら【埼玉植木屋本舗】